2006年01月30日

おへんろ出会い旅(おかざききょうこ/コアラブックス)

札所の近くには四国の名所も多いし、スタンプラリーのような興味本位で旅に出たという著者は、2カ月で四国を歩いてまわることにし、綿密な計画を立てる。

だが出発前夜、荷物を背負ってみて「無理だ!」と実感し、公共の乗り物も利用することにする。

飛行機の機内では週刊ビッグコミックスピリッツを読みながら四国へ向かい、山のなかの遍路道はこわがるといった、典型的なマンガ世代?都会育ち?の女性。

札所をまわる順番はバラバラだったり、余分な荷物を宿に置いてまわったりするのでもとの場所に引き返さなければならなかったりと、けっこうたいへんそうだが、いろんな人と出会ったり、お接待の車に乗せてもらったりして、それでもなんとか無事に結願する。

82番根香寺の牛鬼の像を、「高橋留美子のマンガに出てくるキャラクターみたい」というのには思わず納得。

遍路データ:30代女性/乗り物も利用する歩き遍路(通し打ち)/1996年9月23日〜10月18日(26日間)

book data:おへんろ出会い旅ーー四国路1,400キロ/おかざききょうこ/コアラブックス/1997年
posted by namo at 21:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 遍路本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。