2006年03月30日

辺路(へじ)は海の宗教

五来重(ごらいしげる)氏の説をもとに、遍路(へんろ)の原型となった辺路(へじ)の特性にふれてみよう。

まず第一に挙げられるのが、海とのかかわりだ。

辺路の聖地は、海辺にある、海が見える、海にちなむ伝承があるなど、海とのかかわりが深い。

辺路は海のかなたを拝む海洋宗教的側面をもっており、「海の修験」とも呼ばれている。

だが実際には、「海と山の修験」といったほうが正確かもしれない。

現在の修験道が「山の宗教」とみなされているために、海洋宗教的側面を強調するほうが、辺路の原初のかたちを明らかにしやすいので、「海の修験」といった表現が有効なのだ。

あまり海のイメージのない現在の修験だが、葛城二十八宿の友ヶ島の行場などは、古代の辺路をほうふつとさせるものがある。

現在の四国遍路の札所をみていくと、32番禅師峰寺には干満岩があり、岩のくぼみに溜まった水が潮の満ち干によって水位が変わるという。51番石手寺にも水天堂に干満水がある。これは、札所と海とのつながりを暗示している。

干満岩は日本三景の宮島にもあるが、ここも空海ゆかりの地だ。

内陸部にある45番岩屋寺の山号が海岸山となっているのも、海とのつながりを示していると考えられている。

葛城二十八宿・友ヶ島
posted by namo at 21:23| Comment(1) | TrackBack(0) | へんろ雑学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
Blog楽しませていただきました。
私はe-アフィリというアフィリエイトサイトを運営しています。
宜しければこちらのサイトで当アフィリエイトに参加してみませんか?
1登録@1000円の成果報酬が簡単な登録で、今すぐ開始可能です。
ご興味があれば是非サイトをご覧下さいませ。

↓詳細は↓
http://e-af.net/?o
Posted by e-アフィリ at 2006年03月30日 22:20
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/15820483
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。