2006年04月20日

遍路用の自転車選び

歩き遍路をしたいが、あまり長期の休みはとれないし、自転車なら・・・と考えておられる方もけっこう多いようだ。

自転車なら、ゴールデンウイークなど1週間くらいの休暇があれば、3回の区切り打ちで結願できる。

手持ちの自転車で遍路にまわれるならそれにこしたことはないが、ツーリング用の自転車購入を考えておられる方は、どんな自転車がいいのかちょっと迷ってしまうかもしれない。

いちばん問題となるのが、どうやって現地に自転車を持ち込むかだろう(遍路道に近い四国在住の方は除く)。

自転車に詳しい人なら、ランドナー(昔からあるドロップハンドルのツーリング用自転車)でもマウンテンバイクでも自分の好きな自転車を選んで、輪行して行けばいいのだが、はじめての人にはちょっとめんどうだ。

そこでおすすめなのが、折りたたみ自転車だ。

折りたたみ自転車を選ぶさいにポイントとなるのは、コンパクトさと走行性能だろう。

1)コンパクトさ重視なら

パナソニックのTraincle(トレンクル)に代表される、軽くて小さく折りたためるタイプが最適。

トレンクルは世界最軽量の6.5kgのTraincle6500と7.5kgのTraincle7500があるが、値段がだいぶちがうので、Traincle7500でじゅうぶんだろう。

ブリヂストンのTRANSIT(トランジット)にもスーパーライトという7.4kgの軽量タイプがある。

このタイプの自転車の利点は、乗り物に気軽に載せられるということ。

ぼくが四国で会った自転車遍路にもトレンクルを利用している人がいて、「雨なんでバスで行きます」と言って、パッとたたんでバスに乗ってしまった。荷物はほとんど自転車には積まずに、ザックをかついでいた。

この年は大雨で久礼から37番岩本寺への国道が通行止めになったりで大変だった。

2)コンパクトさも走行性能もどちらもある程度重視するなら

r&mのBD-1のようなタイプが最適。タイヤの小さい小径車なのである程度コンパクトに折りたためる。といっても、電車などに載せるにはちょっとかさばる。

新幹線などに乗るときは車両の最後列の席の後ろのスペースに置けばいい。混雑するシーズンなら指定席の車両を利用するしかない。

バスに気軽に載せる、というわけにはいかない。無理ではないけど。

走行性能はけっこうよくて、変速機もついているし、ツーリングしていても太いタイヤのマウンテンバイクなどは追い越していくくらい。

ただタイヤが小さいので、路面の状態が悪いところでは地面からの衝撃がもろに伝わってくる。

折りたたみ方は、最初はちょっととまどうかも。慣れれば30秒くらいでできる。

3)走行性能重視なら

GIANTのMR-4のようなタイプが最適。タイヤが大きいのでそれほどコンパクトには折りたためないが、それだけに乗り心地は抜群。

電車に載せるときはちょっと気をつかうかも。空いていれば全然平気だが。

比較的短時間で車で四国に渡れる地域にお住まいなら、自動車に積んで現地に入って適当な駐車場にとめ、遍路が終わったら元の駐車場所に電車などでもどるという方法もある。

     *     *     *

折りたたみ自転車のカタログ本が、えい出版や辰巳出版から出ているので、参考にしてみてはいかがだろう。


以上は、遍路用の道具としての折りたたみ自転車選びだが、これから自転車を趣味にもしていきたいという方なら、ちょっと変わった自転車を選んでみてもいいかもしれない。

イギリスの小型自動車「MINI」の開発にたずさわった人がつくったモールトンとか、ユニークなかたちのストライダとか。

「ストライダで逝こう」というホームページは、「自転車遍路の交通手段」「装備」「エリアガイド」などが見やすく整理されている。写真が楽しい。
posted by namo at 20:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 自転車遍路 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。