2006年05月08日

四国の雑誌GajA(ガジャ)

『四国旅マガジンGajA』は、1999年から発行されており、現在は年4回発行の季刊誌。

四国以外の土地では、大型書店などには置いてあるが、どこででも見かけるような雑誌ではない。

だが、なぜかうちの近所のそんなに大きくない本屋さんにも置いてある。

遍路の特集号は、2000年春の第3号と2000年秋の第5号。第3号では徳島から高知、第5号では愛媛から香川までが紹介されている。

遍路の紹介記事のページがそれほど多いわけではないが、横山良一さんの写真と地方誌的な大胆なレイアウトでインパクトがある。

横山さんの写真は、その後『太陽』や『旅』にも掲載され、角川書店から4冊シリーズの単行本も出たが、『GajA』で見たものが、はじめてということもあってか、いちばん印象に残っている。

遍路宿や旅館の料理が並ぶページや、人物に焦点を当てた写真なども、目先が変わっていい感じだ。

写真のなかで白ヌキになった短い言葉も、雰囲気を盛り上げている。

他の号では、讃岐うどんや温泉の特集もあり、四国が好きな人にとっては魅力的な雑誌だ。

そうそう、『GajA』はJR四国がスポンサーみたいだが、同じようにJR四国がスポンサーの『どっきん四国』という季刊誌が、ずーっと昔にあった。

富田靖子の表紙で、もっと素人くさいつくりの雑誌だったけど、それなりにおもしろかった。

あまり知っている人はいないだろうけど。

ガジャ20cm.jpg
posted by namo at 22:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 遍路本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。