2006年05月26日

Route 88(小林キユウ/河出書房新社)

「遍路の本はすでにさまざまな種類が出ているが、僕の知るかぎりではインタビューで構成した本はこれが初めてだと思う」とエピローグで著者が述べるように、本書はユニークな遍路本だ。

基本的には、見開き2ページのカラー写真に、文字だけのインタビューページが2ページつづく構成になっている。

1人(1組)のお遍路さんに4ページが当てられており、31の写真とインタビューが掲載されている。

母子で登場するお遍路さんが1組いるので、登場するお遍路さんは32人になる。

その多くは20代の若者だ。これは、インタビューの対象として、著者が声をかけやすかったからだ。

歩き遍路、自転車遍路、バイク遍路、通し打ちに区切り打ちと、登場するお遍路さんのスタイルはさまざま。

インタビューも興味深いが、それよりまず目をひくのは写真ページだ。

その多くは、人物のアップの入った写真と、同じ場所でやや角度を変えた風景だけの写真を、1ページずつ左右に並べるスタイルになっており、見開きでひと連なりのように見えて、おもしろい効果をだしている。

著者はカメラマンで、小林紀晴とはふたごの兄弟らしい。

同じ著者による『路地裏温泉に行こう!』(河出書房新社/2005年)もユニークな本だ。温泉の世界で、讃岐うどんの製麺所タイプのお店を探すような本と言えばわかるだろうか。

book data:Route 88ーー四国遍路青春巡礼/小林キユウ/河出書房新社/2003年

Route88 20cm.jpg
posted by namo at 21:40| Comment(0) | TrackBack(1) | 遍路本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/18411491
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック

[4日目] 2006/05/18(木) ??松山~窪川
Excerpt: ルート: ●松山 ⇒ ●宇和島 ⇒ ●窪川裂 マップ: ●窪川裂 長旅の日。 四国フリーきっぷ裂というのがあるけど、 計算してみたら、..
Weblog: 俺の旅ログ
Tracked: 2006-06-04 07:27
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。