2006年06月15日

私のお遍路日記(佐藤光代/西日本出版社)

関西で活動しているフリーのテレビディレクターの、歩き遍路体験記。

「お遍路1日め」から「お遍路46日め」まで、お礼参りも含めて1日ごとの出来事がつづられている。

その日に歩いた歩数、距離、泊まった宿、出費などが表にまとめられており、同じくらいの体力で、これから歩き遍路に出ようと考えている人には参考になるかもしれない。

他の遍路体験記に見られないこの本のいちばんの特徴は、楽しいイラストがついていることだ。

1日の行程の簡単な手書き地図に添えられたイラストがあることで、雰囲気がやわらかくなり、とても読みやすくなっている。

「持っていくもの」「初日に買うもの」「参拝の仕方」「基本の服装」「宿に泊まる」「お接待」「山での歩き方」「おへんろって何?」「道しるべ」「おみやげベスト6」といった項目のイラストページも途中にはさまれていて、いいアクセントになっている。

ただ、「山での歩き方」のような、ちょっと?なものもあるが。

著者のお礼参りは、自分のお礼したい寺へ行こうと決めていたということで、37番の岩本寺を訪れている。

遍路データ:30代女性/歩き遍路(通し打ち)/2004年4月1日〜5月13日(88番まで)/43日間

book data:私のお遍路日記ーー歩いて回る四国88カ所/佐藤光代(著者)・浦谷さおり(絵)/西日本出版社/2005年

私のお遍路日記20cm.jpg
posted by namo at 20:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 遍路本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。