2006年11月12日

「ウォーカーズ〜迷子の大人たち〜」第1回

11月11日(土)の夜9時から、NHKで四国遍路に関連したドラマが放映された。1回1時間で4回の連続ドラマだ。

お遍路経験者のブログなどを見ると、「歩き遍路があんなにいっぱいいるか」とか、「焼山寺の遍路ころがしはあんなもんじゃない」とか、「空海さんじゃなくてお大師さんだろ」とか、いろいろツッコミが入れられていたが、けっこうおもしろかった。

遍路道の風景もなつかしいが、装束や装備、小物なども気になってつい見てしまう。

江口洋介が1番霊山寺に入るシーンでは、へんろみち保存協力会の『四国遍路ひとり歩き同行二人』の地図編を持っているのに気がついた。

戸田菜穂が居酒屋で四国遍路のガイドブックを見ているシーンでは、ヤマケイの『四国八十八カ所を歩く』の新版が出てきた。なぜかカバーを加工して少し変えてあり、サブタイトルの部分が大きな字で白ヌキになっていた。ガイドブックだということをよりわかりやすくするためなのだろうか。

次週も楽しみだ。

ウォーカーズHP
posted by namo at 18:01| Comment(0) | TrackBack(0) | テレビ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。