2006年11月20日

「ウォーカーズ〜迷子の大人たち〜」第2回

11月18日(土)の第2回は高知県が舞台。

深刻な話も出てきたが、基本的に軽いタッチで描かれているので、それほど暗い感じはない。

ツッコミどころだけ軽くふれておく。

なんでわざわざバナナのお接待にしたのだろう? 柑橘類とかビワとか、夏ならトマトやスイカとか、もっとありそうな果物にすればいいのに。

御蔵洞の中のロウソクの数がすごくてやけに明るい。

24番最御崎寺への登りで車道を使わなくてもいいんじゃないか。下りならなんの違和感もないし、シーンとしても問題ないだろう。

36番青龍寺への参道あたりにあんなに小学生がいるか?

とはいっても、これらはたいしたことではない。どっちでもいいことだ。

いちばん気になったのは、四万十川を沈下橋で渡るところ。いったいどこを歩いてるんだろうか。絵になるシーンではあっても、遍路道としては超変則的なルート選択になる。
posted by namo at 01:02| Comment(2) | TrackBack(0) | テレビ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
バナナのお接待の、件沈下橋の件、全く同感で観ていました。
Posted by 441 at 2006年11月23日 14:34
へんなところはあるけど、やっぱり興味深いので見てしまいますね。
Posted by namo at 2006年11月23日 20:58
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。