2006年12月03日

「ウォーカーズ〜迷子の大人たち〜」最終回

11月25日(土)放送の第3回は四国と東京の対比が印象的だった。江口洋介演じる主人公が一度東京の生活にもどって、自分の決断で再び歩きはじめることは、ドラマの設定としても必要なことだったろう。

12月2日(土)放送の第4回は香川県が舞台で、いよいよ最終回。

讃岐の札所や遍路道がなかなかうまく使われていた(ツッコミどころはおいといて)。周辺の見どころやお店では、琴弾公園の展望台から眺める寛永通宝の銭形、俳句茶屋、熊岡のカタパン、屋島のカワラケ投げ、八十八庵などが登場。

なかでも根香寺の石段は、三浦友和・風吹ジュン演じる夫婦にとってのクライマックス、新たな出会いのシーンにちょうどいい場所だった。山門からいったん石段を下って、そのあとでもう一度登る構造になっている参道をうまく使っていた。

結願後、原田芳雄演じる大先達の元カメラマンが、これまで一緒に歩いてきた一人ひとりの写真をゆっくり撮るなど、余韻のある終わり方もよかった。
posted by namo at 22:07| Comment(1) | TrackBack(0) | テレビ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月20日

「ウォーカーズ〜迷子の大人たち〜」第2回

11月18日(土)の第2回は高知県が舞台。

深刻な話も出てきたが、基本的に軽いタッチで描かれているので、それほど暗い感じはない。

ツッコミどころだけ軽くふれておく。

なんでわざわざバナナのお接待にしたのだろう? 柑橘類とかビワとか、夏ならトマトやスイカとか、もっとありそうな果物にすればいいのに。

御蔵洞の中のロウソクの数がすごくてやけに明るい。

24番最御崎寺への登りで車道を使わなくてもいいんじゃないか。下りならなんの違和感もないし、シーンとしても問題ないだろう。

36番青龍寺への参道あたりにあんなに小学生がいるか?

とはいっても、これらはたいしたことではない。どっちでもいいことだ。

いちばん気になったのは、四万十川を沈下橋で渡るところ。いったいどこを歩いてるんだろうか。絵になるシーンではあっても、遍路道としては超変則的なルート選択になる。
posted by namo at 01:02| Comment(2) | TrackBack(0) | テレビ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月12日

「ウォーカーズ〜迷子の大人たち〜」第1回

11月11日(土)の夜9時から、NHKで四国遍路に関連したドラマが放映された。1回1時間で4回の連続ドラマだ。

お遍路経験者のブログなどを見ると、「歩き遍路があんなにいっぱいいるか」とか、「焼山寺の遍路ころがしはあんなもんじゃない」とか、「空海さんじゃなくてお大師さんだろ」とか、いろいろツッコミが入れられていたが、けっこうおもしろかった。

遍路道の風景もなつかしいが、装束や装備、小物なども気になってつい見てしまう。

江口洋介が1番霊山寺に入るシーンでは、へんろみち保存協力会の『四国遍路ひとり歩き同行二人』の地図編を持っているのに気がついた。

戸田菜穂が居酒屋で四国遍路のガイドブックを見ているシーンでは、ヤマケイの『四国八十八カ所を歩く』の新版が出てきた。なぜかカバーを加工して少し変えてあり、サブタイトルの部分が大きな字で白ヌキになっていた。ガイドブックだということをよりわかりやすくするためなのだろうか。

次週も楽しみだ。

ウォーカーズHP
posted by namo at 18:01| Comment(0) | TrackBack(0) | テレビ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。